諸々

PHP7.3にMySQL5.7にバージョンアップ

先日参加してきました[大阪]Kansai WordPress Meetup Osaka #3 PHPバージョンを上げる体験会で得たことを参考にして当サイトのPHPを7.3にMySQLを5.7にバージョンアップさせました。
なかなか大変でしたね。プラグインの問題は不要なものや古いものは停止や削除を、修正でどうにかなるものはあっちこっちのサイトを回って修正しました。自作テンプレについては ereg() に起因するところがほとんどで書き換えで対応。もっともヘッダについては書き換えるとさらにエラーが出たので、その部分の役割から見直して削除してしまいました。

MySQLについてはデータサイズが大きくて取り出したもののインポートできない事態になったため、圧縮してインポート。だけどなぜかうまく表示されない。結局原因は”接頭辞”が抜けていたことだったようです。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

久々に西脇市より投稿です。
幸い1日2日に休みが取れましたので自宅で新年を迎えるとが出来ました。御殿山に残ってると終夜運転で寝られなしだろうしね。まあ終夜も利用すれば楽しかろうが・・・

2日朝には戻り余力があれば初詣にいこうかと思っております。
2019年はどんな年になるのか。一昨年の年末夜勤が日野セを経由して今の京都セ出張につながる流れだったので、これからどういう方向にむかうのか楽しみであります。

今年は・・・

年内出張中のためたぶん年賀状は出せないと思う。
出せても年明け だろうね

常時ssl化実施

西脇に帰ってきてから順次サイトのSSLを進めてきてようやく本日完了いたしました。
合わせて古くなった旧サイトのページについては公開停止削除いたしました。

さくらインターネットで独自ドメインでも無料で使えるssl証明書が発行できるのでそれを導入してみました。当サイトは主な部分をWordPressを使用しているのでシステム的にも対応が必要。さくらさんはそのあたりにも対応できていてサーバーコントロールパネルで証明書発行とssl化の設定を行い、Wordpress側にプラグインを実装させて動かすことで一通りは完了する。ただここからが問題でhttpsにはなっても「保護された通信」にはならないのですよ。画像リンクやサイト内のリンクにhttpが残っていると保護されない~が残ってしまうのです。1つ1つ潰すとともにいろいろな部分を見直しました。厄介だったのがLink Libraryでいじった途端にうまく表示されなくなってしまいました。ブログページ側についてはバナーを表示させないことで対応。リンクページ側はテーマの個別ページphpを新規にウィジェットを使えるように施してウィジェットのMy link orderを使用することで対応しました。ひとまずこれで個人サイトとしての安全性は大幅に改善されたように思います。

一時的ながら東京勤務に

4月半ばより一時的に東京勤務となります。八王子近くのセンターの配送の助っ人です。年末夜勤に入っていたからか、人が足りてないとかで夜勤になりそう。土地勘もないところなので昼も夜もないのですけどね。夜の方が道が空いていてイライラはしないけども、騒音とか別の面で気を使うことも多かったり。会社は同じと言えど冷凍品とこれまでと扱うものが違ったり、トラックのサイズもやや大きいと何もかもが違うのでだいぶドキドキ土器です。

ちなみに向こうへの移動は荷物の量や期間が?なども考慮して自車キャロルさんで行きます。新型キャロルなので燃料タンクが27Lと多少はゆとりを持てそう。ETCと給油のカードは会社のを使えるから安心だけど、実はカードを使えるスタンドの間隔が長かったり。こういう時はやっぱり普通車がいいと思いますな。もっともうちにはソリオクラスじゃないと入らないけ。

向こうに行くまであと数日こちらでの勤務があるので安全に何事もなく、そして移動も安全運転で行きたいと思います。

超高速!参勤交代リターンズと聲の形観てきた

リターンズ、聲の形パンフレットほかこの夏から秋にかけての注目の作品、先に見た「君の名は。」に続いて「超高速!参勤交代 リターンズ」と「聲の形」の2作を観てきました。
リターンズは素直に面白そうだし、困難なところをどうやって乗り切るのか見てみたかったんです。「聲の形」は公開一か月前にたまたま知った作品。京アニ作品で、耳が聞こえないヒロインという今までにないアニメ映画だったので気になっていました。

で、どうだったか。どっちも期待通りに良かったですね。リターンズは参勤交代の交代の部分以外のところ、つまり予告編などではあまり語られていないところがメインだったり、ドタバタしつつも民を思う殿様の在りようや人としての在り方なんてところも良く表現できていたと思います。注目されているはずなのに、劇場内はずいぶん空いてました。

一方で、聲の形はテーマがテーマだけにシリアスな展開、子どもの残酷さみたいなものや友人関係、過去の自分が背負った罪とどう向き合い再び前を見て人と正面から向き合えるようになるのかがしっかりと描かれた作品だと感じました。音や映像へのこだわりは聞かれていた通りで、京アニ作品に見られる独特な映像表現や美しい描写は場面場面を盛り上げつつ、シリアスな部分でも暗くなりすぎないような部分が良かったですね。

人物の関係、心理が大きなところを占める作品だと思います。「君の名は。」とは違った背景描写の美しさも忘れてはならないと思います。

モデルとなった大垣市、西濃鉄道の撮影にたびたび行ってたりしたので、ところどころ見たことのある風景がありました。大垣駅の券売機あたりとか、駅前ロータリー、養老鉄道、養老駅とか・・・。近鉄マルーンの電車がでたときはちょっと感動。

そんなわけで、今回は朝から30分挟んでの2本見たので結構疲れました。
上映前に下の階の鉄道模型の店に立ち寄ると、矢橋ホキことホキ9500のNゲージがあったので思わず買っちゃいました。もう一両は新型だと思ってたけど旧型だったもの。9500は乙女坂常駐、2500には美濃赤坂常駐としっかり記されてます。

写真は 映画のパンフレットと買いそびれていたRADWIMPSの「君の名は。」のアルバム。とホキ9500とホキ2500