美濃赤坂の西濃鉄道の夏 その3 夏草茂る昼飯駅

美濃赤坂の西濃鉄道の夏その3です。今回は石引神社での撮影の後、廃線となった昼飯線を辿って昼飯の方に向かいました。

中山道を西に向かうと途中に使われなくなった踏切に差し掛かる。美濃大久保駅南方の踏切これが廃線となった昼飯線で写真は美濃赤坂方を写している。昼飯線は美濃赤坂駅南から分岐して美濃大久保駅で一度スイッチバックして昼飯に向かっていた貨物線。踏切から北に伸びる線路を辿って行くと雑草が茂ったやや広い敷地になり、その先に線路端に上屋と少し離れて倉庫のあるプラットホームがあった。美濃大久保駅構内を望むどうやらこれが美濃大久保駅だったようだ。かつての構内は一部を除いてレールが残されているようだが夏草が茂って見渡せなかった。プラットホーム部分は複線のようになっていて、どうやら貨物積み込みホームと機回し線になっていたようである。ホームの先にも少し線路が続いて壁にぶち当たっていた。美濃大久保駅プラットホームと上屋木々の成長を見ると休止→廃線となってからの年月を感じさせる。美濃大久保駅構内からまっすぐが美濃赤坂方面。右にカーブしていくのは昼飯方面

美濃大久保駅跡から昼飯までは先ほど進んできた中山道に沿って進む。線路跡沿いには石灰関連の工場が立ち並び構内の一部と化している部分もある。そうした部分や踏切だったところは埋められたりレールが外されたりしていた。

暫く進み地図上では昼飯駅のあっと地点近くまで来たはずなのだが、かつての駅に入る道がわかりづらい。これじゃないかと思われる住宅などに囲まれた脇道に入って進むとそこにあった。昼飯駅駅舎と構内美濃赤坂方昼飯駅駅舎。もう駅ではないので“かつての”が付くか。

駅舎入り口上には“昼飯駅”と書かれた木のプレートが架かっていて駅舎だった事がわかる。駅舎の後ろには物置として使われていたであろう貨車があった。昼飯駅構内構内は踏切部分の線路が取り除かれたほか、駅舎以外の建物も撤去されたいてレールだけが残された状態となっていた。線路には夏草が茂り特に末端部分は近づけないほどになっていた。線路末端部分から少し山側に向かう道を進むとかつての鉱山の建物が残っていた。この辺りには鉱山鉄道があったとの情報を入手していたので回りを見て回ったが、残念ながらこの時は見つけることができなかった。駅周辺はかつては鉱山関係で賑わっていたようだが、今では数件の工場と住宅が広がるだけで、かつての賑わいは過去のものとなっていた。



昼飯を後にして来た道を戻る。美濃赤坂駅に戻ると昼一で撮った1026列車がJRに貨物に引き渡されて停まっていた。ぐるっと駅構内南側まで回って待っていると発車時間になってゆっくりと動き始めた。美濃赤坂発臨専用8784列車釜は前列車と同じEF64 1047。撮影後、西濃鉄道の社員さんがポイントの切り替えをしておられました。構内の側線のポイントは手動のようです。

昼飯線の終点は見てきましたが、始まりは見ていなかったので撮影ポイントから美濃赤坂駅方面に北上。直ぐに使われなくなった踏切に差し掛かる。線路跡はどちらの方面とも雑草が盛大に茂って何も見えない状態だった。その代わりというか、ほかのサイトでも取り上げられているように美濃赤坂駅構内への場内信号が何故か赤の停止現示で点灯したままになっていた。旧昼飯線美濃赤坂駅場内信号役目を終えても灯し続けるとはどこか切ない信号機。夜見たらどんな感じなのだろうか。

この後、夜の返空列車を撮ろうと町の方に戻りました。赤坂港会館あまりの暑さで赤坂港の広場で到着時間頃まで休みをとってから赤坂本町駅跡赤坂本町駅跡近くの撮影名所のかずさや茶舗さんの近くで列車を待ちました。かずさや茶舗前しかし・・・列車が来ない。来る気配もない。さすがにこんなには遅れないだろうと駅に戻り、借りた自転車を返すときに尋ねると・・・機関車の都合とかで運休とのことでした。JR側の機関車都合や石灰石の産出状況などにより運休は時々あるそうです。特に運休は夜の便と呼ぶらしい返空の1023列車と1024列車になることが多いみたいです。その辺はその日の状況次第なので自転車を借りるついでに尋ねると答えてくれるかもしれません。自分の時は訊いてくれれば答えたのに・・・と言っておられました。

ご厚意で駅で暑さしのがせてもらい、帰りの列車が着いたところでお礼を言い電車に乗り込む。ふと見ると石引神社で見かけた人やどこかで出会ったような人が・・・本数が少ないので同じような目的で来ている方と一緒になる可能性が高いのですね。美濃赤坂駅上り電車

今回はDE10 501牽引列車でDD牽引列車が撮れなかったこと、美濃赤坂駅周辺の専用線跡や昼飯のトロッコ軌道について詳しく確認できなかったので、11月頃に紅葉が見頃の時期に再訪したいところです。そうなると冬の雪との組み合わせもいいかもとか考えてしまいます。まだまだ魅力の尽きない美濃赤坂、西濃鉄道の旅でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道コム

コメント




RT @nakanosato: 美濃赤坂の西濃鉄道の夏 その3 夏草茂る昼飯駅:廃線となった昼飯線を辿って昼飯の方に向かいました。http://t.co/TzD3p9D2V4


  (引用)  (返信)

2013年10月1日10:07 PM| furuken4989

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

*

* コメントフィード

トラックバック URL : https://nakanosato.net/archives/9515/trackback