夏っぽいけど実は4月の三河田原駅 渥美線廃線レポ2008

豊橋鉄道三河田原駅を望む

2008年4月20日に豊橋鉄道の廃線区間を見に行ったときの写真です。昨日長らくブログの上を飾っていた21020系アーバンライナーnextに替わってちょうどいいサイズのものを探していたらこの豊橋鉄道渥美線三河田原駅になりました。折角なので豊橋鉄道渥美線の廃線跡レポ(2008年の頃)をしてみました。

下は終点のお決まり車止め付き。ちなみにむかーし昔はこの車止めから先があったそうな。確かにそれらしき道が続いているがその先には工場が・・・。そして川も。

三河田原駅線路の終端車止め

線路の先には

車止めの先は市街地化されて痕跡は殆ど残っていませんでした。川を渡った対岸に急坂を上るそれらしき道がありました。下に先ほどの工場が見えます。↓

豊橋鉄道廃線跡と思われる道

実際歩くと結構急な坂でした。当時はどのように上っていたのか不思議です。もしかしたら迂回路があった。それとも駅を出てから徐々に築堤で高度をかせいでいたのだろうか?

坂を登り終えると雑木林や畑に囲まれた丘陵地を進んできます。大半が砂利道です。

豊橋鉄道廃線跡の道

途中境界標がありました。↓

廃線跡の豊橋鉄道の境界標

この先も砂利道がひたすら続いて行くのかと思えば途中から普通の舗装道路に変っていました。車の走るところ、かつて戦前には列車が走っていたそうな。今となっては昔々のお話↓

豊橋鉄道渥美線廃線跡の道を望む