三木鉄道記念公園竣工

2008年3月31日に廃止となった三木鉄道の三木駅が三木鉄道記念公園になり今日竣工を迎えました。

午前10時から式が始まり市長?をはじめ市の関係者の挨拶の後、三木中学校吹奏楽部の演奏などが行われました。会場にはフリーマーケットや地元農産物の即売、商店街の出店などが周辺住民や市内外からの人でにぎわいました。竣工式の取材に神戸新聞やNHK、MBSが来ておりました。

鉄道関係では、旧駅舎内に三木鉄道で使われてきた物やゆかりの品々、鉄道模型の走行会が行われました。また、神戸電鉄と三木鉄道の出店が出店し、神戸電鉄からは新型車両の時計やBトレ、キーホルダーなどが三木鉄道からは車内放送CD、キーホルダー、最終日の記念往復乗車券、最終日のサボ、各種腕章、運行票などが販売されました。三木鉄道の販売担当者によると今回は偶然呼ばれたので販売できたが次回の販売は未定とのこと。

今回の竣工式で記念公園は一応の完成となりますが、公園西側は未整備が残っています。構内のレールやホームは撤去されていますが、一番南側の貨物側線が残されており、なんでもトロッコが走れるようにするとかしないとか。いずれにしても残すのは間違いないようです。

以下は現場の写真です。

三木鉄道記念公園要人挨拶三木駅構内の信号機残された側線三木駅から厄神方向錆び付いたレールと野の花残された側線お約束の車止め運行票