見る見る速い最終運転

見る見る速い最後の西脇市入線

「見る見る速い」最後の西脇市入線



5月15日103系3551による「見る見る速い」最終運転日

西脇市駅は鉄道ファンや沿線の住人など多くの人が来られ、第3加古川橋梁架け替え以来の賑やかさになりました。

西脇市発最終見る見る速いの運転士に花束贈呈

西脇市発最終「見る見る速い」の運転士に花束贈呈



北播磨県民局副局長と西脇市長の挨拶やはばタンや西脇市のキャラクター「にっしー」も駆けつけもあり地域・市上げてのお見送り!

103系妻面プレート

こういうときにお決まりとして妻面のプレートも撮っておきました。新車並みのN40更新を受けていると言えど103系、「日本国有鉄道」プレートがついています。製造所は「東急車輛」なのには驚いた!製造は昭和53年なので車両の方が5年先輩でいらっしゃいます。

さて入線から30分ほど経ち出発の時刻に。いつもは静かに発車するところ今日は特別に汽笛を鳴らして発車となりました。

沿線には普段カメラをほとんど見ない沿線のあちらこちらで撮影されている方を見かけました。そしていつもの播中のカーブでも。

対向の走れ!Y字路

社町では対行に「走れ!Y字路」こと103系3558と行き違い。3550番台シリーズ初代ラッピングと最終のラッピングの最後の出会いとなりました。

いつものように神野からはローカル線とは思えない混雑となり終点加古川へ。

見る見る速い厄神へのラストラン

見る見る速い 厄神へのラストラン



ここからは折り返し入庫を兼ねた厄神行き まさしくラストランです。

夕方帰りに車庫を見るとパンタグラフを下げた状態で休んでいました。ラッピングの上からでも錆で浮いているのが見えるなど痛んでましたので全般検査を綺麗になって戻ってきてほしいものです。

余談

今後のラッピングはどうかというと・・・

新聞記事や関係者談などを含めて難しいなぁということらしい。ここからは個人的な想像だけどやはりアーティストのデザインが沿線で受け入れられるのかや予算面があると思われる。

確かに難しいと思う。インパクトがないと目立たないし個性を出しすぎると地方ではなかなか受け入れられなかったり。

でも銀河の旅威以降については一般受けするデザインだと思うんだけどなぁ