超高速!参勤交代リターンズと聲の形観てきた

リターンズ、聲の形パンフレットほかこの夏から秋にかけての注目の作品、先に見た「君の名は。」に続いて「超高速!参勤交代 リターンズ」と「聲の形」の2作を観てきました。
リターンズは素直に面白そうだし、困難なところをどうやって乗り切るのか見てみたかったんです。「聲の形」は公開一か月前にたまたま知った作品。京アニ作品で、耳が聞こえないヒロインという今までにないアニメ映画だったので気になっていました。

で、どうだったか。どっちも期待通りに良かったですね。リターンズは参勤交代の交代の部分以外のところ、つまり予告編などではあまり語られていないところがメインだったり、ドタバタしつつも民を思う殿様の在りようや人としての在り方なんてところも良く表現できていたと思います。注目されているはずなのに、劇場内はずいぶん空いてました。

一方で、聲の形はテーマがテーマだけにシリアスな展開、子どもの残酷さみたいなものや友人関係、過去の自分が背負った罪とどう向き合い再び前を見て人と正面から向き合えるようになるのかがしっかりと描かれた作品だと感じました。音や映像へのこだわりは聞かれていた通りで、京アニ作品に見られる独特な映像表現や美しい描写は場面場面を盛り上げつつ、シリアスな部分でも暗くなりすぎないような部分が良かったですね。

人物の関係、心理が大きなところを占める作品だと思います。「君の名は。」とは違った背景描写の美しさも忘れてはならないと思います。

モデルとなった大垣市、西濃鉄道の撮影にたびたび行ってたりしたので、ところどころ見たことのある風景がありました。大垣駅の券売機あたりとか、駅前ロータリー、養老鉄道、養老駅とか・・・。近鉄マルーンの電車がでたときはちょっと感動。

そんなわけで、今回は朝から30分挟んでの2本見たので結構疲れました。
上映前に下の階の鉄道模型の店に立ち寄ると、矢橋ホキことホキ9500のNゲージがあったので思わず買っちゃいました。もう一両は新型だと思ってたけど旧型だったもの。9500は乙女坂常駐、2500には美濃赤坂常駐としっかり記されてます。

写真は 映画のパンフレットと買いそびれていたRADWIMPSの「君の名は。」のアルバム。とホキ9500とホキ2500

コメント

コメントをお寄せください。

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

*

* コメントフィード

トラックバック URL : https://nakanosato.net/archives/14126/trackback