内輪で処分するよりも法で裁くべきだと

相撲界のこと

残念ですね。

それにしても野球賭博という賭博行為をしている以上は犯罪ですよね。

何故文科省にしても法の裁きに持っていかないのか甚だ疑問ですね。

謹慎とか出場停止とか角界追放とか どんなけ処分してもそれは相撲界の話

確かに追放とか除名となれば社会的制裁も大きいでしょう。

でも、明らかに法を犯している以上は法の裁きをもって対処すべきなのではないかと思う

今の現状というのは例えは良くないかもしれないが、沖縄で地元住民を暴行した米軍兵士を軍事法廷で裁いて片づけてしまうのと変わらないのではないか。たしか日本では裁判ができるのは裁判所だけだったはず。なので軍事法廷は認められていない。唯一認められているのが、弾劾裁判だったかな。そう考えると法律違反の犯罪行為を相撲協会の中で処分すること自体がおかしいのではないか。そして、それを持って名古屋場所を認めるほうもおかしいのではないか。そもそも、明確な対策も反省も、法律に則った処分も出ていない状態で神事とも国技もいえる相撲をすることが冒涜なのでは。そこまで行かなくてもファンは喜ばないだろうし、誰のための場所なのかさっぱり理解できない。

ここまでこれば警察か検察か、はたまた仕分け人に仕分けてもらうしかないようだ。

コメント

コメントをお寄せください。

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

*

* コメントフィード

トラックバック URL : https://nakanosato.net/archives/710/trackback