十和田観光電鉄も

十和田観光電鉄も廃線の危機らしい

南部縦貫鉄道 栗原電鉄 日立電鉄 と東北北関東の鉄道が次々に廃線になっていく

少子化の著しい地域の鉄道はもう既に維持するのが困難な時期に差し掛かっているようだ。

鉄道の場合、維持費がかかる以上バスなどと比較して輸送量が求められる。

地方の過疎化しつつエリアでは維持するのは困難なのだろう。

どこかにあったが必ずしも鉄道が適しているというわけなく、バスでもバス停の整備や路線図マップやIC乗車券やお得なきっぷなどを提供することにより十分にサービスを向上させることは出来ると思う。バスであれば路線についても柔軟に設定できますし。

鉄道ファンとしては寂しくなりますが、ここは公共交通機関としてのあるべき姿をしっかり見据えて判断してもらいたいものです。

関連記事 河北新報 十和田観光電鉄正念場 沿線3市町の議会 支援に難色

にほんブログ村 鉄道ブログへブログランキング・にほんブログ村へ