コメ先物上場

長かった

自分の前の仕事はこの業界でした。

当時は商品価格は上がり世界的には注目される市場である一方、日本だけは過去の悪評とそのツケともいえる規制に急速に市場は萎んでいった。なんとも不思議な状態だった。

その未来が見えない中での希望といえたのがコメの先物上場だった。

コメは堂島米会所に始る世界に誇る(商品)先物取引の発祥なわけですが、先の大戦で廃止になったあとそのまんまだったわけです。

先物というとあまり良いイメージでないとか悪い事ばかり言われていますが、価格形成が見えるという点でいえばとてもクリアだと思います。

現状のコメ価格についてはJAが大きく関わっています。一般の消費者にとってその価格の裏付けはまったく知るよしはありません。先物価格は広く一般に公開されます。よく言われる価格変動が大きくなると言われますが、これには制限もありますし、そもそも店頭価格にそこまでタイムリーな反映がされるわけではありません。農家からすれば豊作不作のときのヘッジとして使えます。もちろん保証はありませんから自己判断が求められるようになります。

JAは今回のコメの商品先物市場上場については反対ですし供給する気もないようです。主食である米を投資(厳密には投機)の対象にするのはおかしいという立場らしいのですが、これは非常に奇妙ですね。なにせJA自身もJAバンクなどの金融機関としての役割を持っているからです。直接コメを対象にしなくとも今となっては一大金融機関となっている立場である以上はどうかと思います。

農家の保護も理由にしていますが、果たして保護しているのかというのも疑問が残ります。していないとは言えなくとも、発展に結びついているかといえば甚だ疑問です。これまでのやり方から変えることも必要では無いかと思います。

これから2年間は試験上場でこの期間の状況いかんで継続か廃止が決まります。

必要があって世界に先駆けて日本で生まれた取引方法だけに正しく見直されるときがやってきてもいいとは思います。

↓こちらもよろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントをお寄せください。

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

*

* コメントフィード

トラックバック URL : https://nakanosato.net/archives/1815/trackback