8月の空と神鉄粟生線

今年の夏は久々に県外に出ずに終わるというか、写真すらまともに撮ってなくてネタに困りそうなので28日に神鉄粟生線の木津まで撮りに行ってきました。前日まで晴れの予報だったのが当日は小雨の曇り空。まさしく今年の8月を象徴したかのような写真となりました。写真ポイントは粟生線の写真ではよく撮られているところだと思います。

粟生線急行木津駅付近木津駅の鈴蘭台側スグのところです。上に山陽自動車道(淡路鳴門自動車道)があるものの勾配下ってきた電車がカーブで斜体を傾かせながら迫ってくるので勢いのある写真になります。最長でも4両なので全体を収めることが出来ます。

粟生線上り川池信~木津次のは上の場所からやや藍那よりの川池信号所の手前のカーブです。こちらは線路が勾配を登っているので下からみる位置になります。手前の田んぼの向こうにカーブがあり、やはり全体を収めることが出来ます。引いた写真を撮ろうとすると電線があるので注意。望遠を使えばもうちょっと違った絵が撮れるかも。最長4両で車体長もやや短いのでどこかこじんまりした印象になりました。

HAPPY TRAINに初めて乗車&撮れました。
HAPPY TRAIN上り急行
粟生の到着したHAPPY TRAIN                                    粟生駅着



変わって加古川線。
大河ドラマ「軍師官兵衛」は舞台が播磨から九州に移るとことですね。西脇市黒田庄町など加古川線沿線にも官兵衛やその仲間たち縁の地があり、それにちなんで加古川線103系の側面にステッカーが張られています。何種類かあるようです。
はんばえくんかんべえくん

またべえくん三木市のはんべえくん、かんべえくん
またべえくん加西市のまたべえくん

この8月は毎週末に台風に大雨と北播磨の鉄道も大きな影響を受けました。福知山線は10日に渡って運休になりました。通勤途中に通る谷川踏切は1日列車が来なかっただけでレールにサビが浮いているのが見えました。鉄道という日常通っているが走っているのが当たり前の存在が動かなくなるという事態。本数が少ないとはいえ鉄道の存在感やライフラインとしての重要さを改めて感じさせた出来事だったと思います。

鉄道コム