姫路文学館 鉄道と旅と文学とに行ってきました

姫路文学館で行われています特別展「鉄道と旅と文学と」に行ってきました。

いつも姫路へは車で行くのですが、駐車場がそんなに安くないなどなどのことからひめじ別所駅にあるタイムズに駐車して電車で姫路入り。ひめじ別所のタイムズは24時間最大500円の良心的な料金。もしかして満車?の恐れもと思えば際どいところで残り1台でした。入った途端に満車表示。ちなみに駐車場は道向かいに2カ所ありますが、自分が駐めたことによりいずれも満車になりました。

ひめじ別所駅は日中1時間に上下合わせて4本しか停車しません。それは加古川駅で半数の快速(普通)が折り返してしまうから。そういうこともあり新快速に特急、貨物と通過列車のオンパレード。おまけに背後を新幹線も通過していきます。貨物と言えば併設して姫路貨物ターミナル(姫貨)があるので長大な貨物列車の出入りを見ることも出来ます。あんましホームからは眺めはよくないかも。今回偶然にも上下列車の貨物ターミナルへの入線を見ることが出来ましたが、UPするには余り物画像が悪いので載せません。代わりに上りEF66 106号機とEF66 114号機とスーパーはくとを上げておきます。こちらも写真は撮れてないのでが、山陽新幹線上りをドクターイエローが通過していきました。久々の遭遇なのに急に現れて撮影出来ずです。

ひめじ別所EF66 106号機スーパーはくと5号ひめじ別所EF66 114号機

さて、12:20の普通で姫路へ。

文学館へはバスで行こうと思うのだが、姫路のバスは初めてに近い。おまけに市バスと一緒になったりして路線が多い。どれに乗ればいいのかが分からない。神姫バスの乗り場は山陽姫路 山陽百貨店1階にある。待合所が建物の中似あり、バスは操車場に停まっていて時間になると待合所のから操車場への扉が開いてバスに乗り行くというもの。待合所にはホームドア?が設置してあるのです。このスタイルは名古屋の栄バスターミナルにもあったような気がするが、一般には電車みたく乗り場から乗れるスタイルだと思うところ、ここは整然と停まってるバスに操車場を歩いて乗りに行かなくてはならない。飛行場で言う飛行機のところまで行ってタラップを登って乗るみたいな感じである。

さて、話を戻して案内所で文学館までのバスを訊ねるとループバスと一般のバスがあるよう。40分が一般で45分がループバス。後者は100円均一運賃だというので後者を選択。ループバスは姫路城の周りを回る反時計回りのコースを回るバスで、観光用らしくレトロな茶色を基調としてやや小型の車体となっている。車内はロングシートと1人掛け進行方向を向いたシート。美術館などを経由して最寄りの清水橋に到着。姫路文学館はバスの進行方向に向かって5分弱ほど歩く。周りは城の横とはいえ標識が無いと本当に正しいのか迷ってしまいそうな住宅地になっている。バスは清水橋を出るとすぐに船場側を渡って左折する。この左折する先の道が一方通行なのでバスは反時計回りにしか走っていないのだと思う。ちなみにループバスは平日は姫路駅前を9時台から16時台に毎時00分と30分の2本。土日祝辞湯は9時台~17時台の運行で9時台、15時台、16時台が毎時00分と30分の2本。10時~14時台が15分と45分が加わって4本となる。17時台は00分のみの運行となっています。

姫路文学館に着いて感じたことは、どこが入口なのか一瞬分からなかった。建物のデザインはまるで美術館のように洗練されていて、気持ちのいい感覚を覚えたのですがなにぶん今回の展示の入口は? 案内表示をたどってくねくねしていくと入口が。入口のドアも一瞬戸惑った。ドアっぽくなかったから。たどり着いたところが南館でこちらで入場料を支払う。ICOCAを掲示すると通常500円が2割引になるというので掲示。他にPiTaPaやスルッと関西の磁気カード、山陽電車の1dayチケットでも割引になるようです。詳しくはこちらまで。

南館ではNゲージとHOゲージの模型。入口横にはOゲージもありました。

奥には播但線や姫路駅周辺、山陽電鉄の昔の写真の展示。鉄道雑誌の閲覧が出来るようになっていました旧63系の山陽700形の写真など貴重な写真も見られた。

ちょっと目立たないが地下には絵画も展示されている。

メイン会場は北館。

こちらは入った左手の部屋に別府鉄道や加古川線、山陽鉄道などの写真や資料の展示。右側の部屋には文学作品に登場した鉄道と、その時代の鉄道に関する資料、播但線や加古川線などのビデオ、SLの銘板、ジオラマの展示が行われている。

左側の部屋と南館は内容が似ているので私の頭の中でちょっとごっちゃになっていますが、おおと思ったのが加古川線の凸凹気動車の写真。先頭がキハ3069なんです。これはもしかして鍛冶屋線記念館にある車両では!鍛冶屋線記念館キハ30 69 現役当時の写真を見られたのはちょっとうれしかったです。そういえば、鍛冶屋と市原にあるキハ30は廃止になったときからあの場所似アルのだろうか。少なくとも後者は道路の関係で移動はしているようだけど、鍛冶屋のはホームも1両分がそのままなので当時の場所なんだろう。自分だけあの場所に置いていかれて繋がっていた線路が外されていくのを目前で見ていたとしたらどんな気持ちだったんだろうか。一つの時代が終わった諦めなのかお役ご免の悲しさなのか、はたまたお疲れ様の安らかな眠りなのだろか。

おっと、また話がそれてしまったが右手の部屋にある文学との関わりを見ていると廃線とは結びつきは少なくても、レールが繋がって列車が遠くからやって来る情景や人や物が行き交う姿が人の心に大きな影響を与えたことを強く感じる内容だった。それは車や道路では感じられないものを感じさせる。ノスタルジックというのか。同じ車両や駅という空間で様々な人がその時間や空間を共有するからこそ生まれるものなのだろうか。最近そう感じるようになった。

展示内容については現地を訪ねるお楽しみとして、一部の展示は撮影が特別に許可されていましたのでちょっとだけここに載せてみます。あんまり感度が良くないので全般にボケた感じの写真になっています。鮮明な物は現地でどうぞ。

鉄道と旅と文学 蒸気機関車模型鉄道と旅と文学 蒸気機関車のある風景名鉄7000系 犬山線犬山橋の模型かな今は無き京津線蹴上付近を模型再現

京津線併用軌道三条

↑実際の京阪京津線京都市内併用軌道最後の日の写真

1時頃に入って出たのが3時 3時間ほど中にいたみたいです。お帰りはループバスでも城の中を歩いてというのもお勧め。イチョウやケヤキがそろそろ紅葉してきているので散策にはもってこいだと思います。ループバスを利用の際は遅くなると本数が減るので要注意。では最後に文学館から見た工事中の姫路城です。

文学館から見た姫路城

姫路文学館